不動産を購入した際には不動産所得税が課税されるのです

つみき
インテリア

代行サービス

空き家は年々増えていっているのです。空き家はそのまま放置されており様々なトラブルを招いているのです。特に周辺住民に迷惑をかけてしまうケースが多いため定期的に家のケアを行わないといけないのです。そこで空き家の管理代行サービスを活用しましょう。

レディ

不動産鑑定士に依頼

鎌倉で不動産の売買を検討しているのであれば、一度不動産鑑定士に見てもらうといいでしょう。不動産会社の査定とは異なり、様々な視点で不動産の価格を算出していくのです。その結果適切な不動産価値をつけることができるのです。

図面

貸別荘を建てる

石垣島で貸別荘を建てるのであれば、専門の業者に依頼しましょう。そうすることで、自分の理想とする建物を見つけることができるのです。また、貸別荘となれば、ランニングコストが必要になるのでそれらを考慮して購入するようにしましょう。

地方税

女の人

不動産を売買や贈与され不動産を取得したときまたは、新築や増築したときに発生するのが、不動産取得税になります。この不動産取得税は、都道府県が課税する地方税になります。不動産取得税の納税方法は、不動産取得後約1年の間に各都道府県から届く納税通知書を使用して金融機関で納付します。この納付する期間に関しては都道府県によって異なるので期間を守れるように確認しておきましょう。不動産取得税に関しては、税率が決まっています。土地や建物の税額は、固定資産税評価額に税率の約4%をかけることで計算することができるのです。また場合によっては、特例として減税される場合があるので、しっかり確認しておきましょう。例外として挙げられるのが、相続による取得は非課税の対象です。また、課税標準額が一定の価格未満の場合には、免税される場合があります。不動産所得税は、登記の有無も問われないことになっているのです。不動産の取得による所有権の移転などを登記しなければ、登録免許税は必要ありませんが、不動産取得税に関しては、どのような場合でも、権利移転の実体に対して課税されるのです。実際に不動産を取得した場合は、不動産を管轄する都道府県税事務所や支所などに対して、一定期間内に不動産取得税申告書を提出する必要があるのです。また、申告期限に関しては、都道府県によって異なっているので、取得した地域に合わせて行う必要があるのです。このような手続きにおいては、ネットなどで簡単に調べることができるので、ぜひ活用するようにしましょう。また、電話で問い合わせることで不動産取得税に対しての対応を行うことができるのです。